schlenkerla rauchbier

樽生お知らせ
ベルギーより "ストロング・ゴールデンエール"「マルール10」! (2014-10-29)
ベルギー,東フランドル州ブッヘンノゥトに在るランツヘール醸造所より "ストロング・ゴールデンエール"『MALHEUR 10 マルール 10』樽を入荷。色合いは透きとおる黄金色、洋梨やリンゴを思わす瑞々しい香りがあり、飲み口はやや軽快。フワリ果実の様な甘みに強めの発泡が爽やかさを演出し、キレのある苦みが颯爽と過ります。樽生はミディアムボディで、アルコールの高さ(alc10%)を感じさせない飲み易さもあります。。ランツヘール一族が継承するビール醸造は 18c 農場と共にビール造りが始まります。19C半ば 一旦 醸造を止めますが、その間も大麦やホップの栽培を行ってきた一族。1997年 直系のエマニュエル・ド・ランツヘール氏が醸造所を立ち上げ、尊敬する祖父に習い、"ホールホップ" 数種をブレンドして醸造するビールは、清々しいホップの香りと綺麗な苦みも印象的です(醸造所はベルギーのホップ産地と同地区に在ります)。マルール10はミレニアムの2000年を祝い 醸造開始、本格的なシャンパン製法を行うMALHEUR BIERE BRUT(マルール・ビエール・ブリュット)のベースにもなっていますよ。
ベルギーより 7種の麦芽を使用した"アビィ"「アベイ・デ・ロック」! (2014-10-27)
ベルギー、ナミュール州モンタニャール・サー・ロックス村の アベイ・デ・ロック醸造所より"アビィビール" 『Abbay des Rocs アベイ・デ・ロック』樽を入荷中。1979年設立 家族経営の小さな醸造所で、ベルギービールで一般的に使われる"candi sugar"(キャンディシュガー /糖質)を添加せずに 麦芽がもつ甘みだけで高アルコールなビールを醸造。麦芽使いも魅力的で、代表銘柄となるアベイデロックでは7種の麦芽をブレンドして造られています。色合いは濃いブラウン、麦芽の優しい香ばしさに重なる 穏やかな果実香。黒糖やドライフルーツを思わす甘みがゆったりと広がり、奥深さも感じる麦芽の旨み。程好い重厚感で、後口には軽いスパイシーさと複雑な苦みが訪れます。。公務員だった開業者が「ビールを造るのは スープを作るより簡単だ」と 義父に啖呵を切ってビールを自家醸造したのが評判をよび、醸造所を立ち上げたとか、、醸造所の傍には修道院の遺跡があり、この修道院のレンガを再利用して醸造所は建てられました。今年も11月下旬にはアベイデロックのクリスマスビール(ボトル)が入荷予定です!
ドイツより 元祖・燻製『シュレンケルラ・ラオホ』樽 継続中! (2014-10-01)
南ドイツ・バイエルン、ミュンヘンから北西201Kmにあるバンベルグ。古くからこの街に伝わる特産ビールが"ラオホ"、燻製ビールです。"ブナの木で麦芽を燻す"という独特な麦芽工程を用いてラガービールを醸造。燻製麦芽由来のスモーキーな香りと味わいが特徴です。。近代技術の伝播や淡色ラガーの流行によってバンベルグの数ある醸造所がラオホの醸造を中止。現在バンベルグでラオホを醸造するのは2軒。醸造所直営店では昼からラオホを飲むおじいちゃんの姿も見かけられる、街に根付いたビールですが、今では日本でラオホを造る醸造所の方が多いんです。。只今 ヘラー醸造所の看板ラオホ『Schlenkerla Rauch Marzen シュレンケルラ・ラオホ・メルツエン』樽を入荷。色合いはこげ茶色、軽やかに広がる燻製香と口の中で広がるスモーキーな味わい。燻製麦芽の旨みをキレイに楽しめ、余韻までスモーキー。樽生はスマートで飲み易く仕上がっています。元祖"ラオホビア"といわれ、世界に知れ渡るへラー醸造所のビールですが、家族が代々受け継いできた醸造所で実はそんなに大きな醸造所ではないんですよね。
ページトップへ
本日の樽生
アクセス
★ スタッフ 募集中!jha blog
★ 本日の樽生 "新着情報" をお届け!
★ スタッフのビール日記!jha blog
jha blog
COOPER ALE'S
(クーパーエールズ)
東京都港区新橋3-16-3
烏森ビル 3F
月〜木 17:00〜01:00
金   17:00〜04:00
土   17:00〜23:30
日・祝日休み
烏森口から左側に見える
吉野家さんのビル3F
緑色になったラクダの看板が
お出迎えします。
  • 樽生情報更新中!