新橋 ビール

樽生お知らせ
イギリスより クラシカルなペールエールを、Old Speckled Hen! (2018-01-20)
イングランド東部サフォーク州ベリー・セント・エドマンズの街に1799年設立 グリーンキング醸造所より"イングリッシュエール"OLD SPECKLED HEN オールド・スペクルド・ヘン樽を入荷。色合いは茶色、窒素ガスを使用したクリーミーな泡とスムーズな飲み口で、優しく広がるフルーティさに ナッツやカラメルの様な麦芽の香味が重なります。軽快なコクを感じるボディ、苦みも穏やかで飲み易いビターエールです。。元々はイングランド南東部,オックスフォードシャー州アビンドンで1711年設立した モーランド醸造所が、同じ街に在る車メーカーGM社の創業50周年を記念して1979年より 醸造がスタート。英国内では売上も上位に入るメジャーな銘柄で、英国産モルトとホップを使った スタンダードな英国エール。日本入荷も早くから始まり、ファンも多いOld Speckled Hen。独特な香味がちょっと癖になるエールです。
*2018年のCooperの英国樽生フェア 第一弾は 2/6〜 を予定しています。8〜10樽を同時提供 致します。お楽しみに!
イギリスより、オーガニック醸造所より ポーター樽! (2018-01-15)
英,スコットランド北部ハイランド地方、マンロッキーに1998年設立。オーガニックな原材料にも拘りをもつ ブラックアイル醸造所より "ポーター"Black Isle Poter ブラックアイル・ポーター
樽を入荷。色合いは黒色、穏やかに広がる芳ばしい香りはダークチョコやトーストの様。スムーズな飲み口とスマートなボディで 珈琲の様な麦芽の風合いとホロ苦さが楽しめ、後口に微かな酸味が隠れます。。派手さは無いですが、上質なビール。ポーターの特徴でもある後口の"酸味"がビールの味わいに奥行きを与え、ブルーマウンテンのようなバランス感もあるかなと、、ブラックアイルは自分達の農場を所有し 有機栽培を行い 原材料にも強い拘りをもっています。英国で最も審査が厳しい有機農業団体ソイル・アソシエーションが認定する 数少ない"オーガニックビール"の醸造所でもありますよ。
スイス,BFM醸造所より 木樽熟成を行う 個性的な "セゾン"樽! (2018-01-14)
スイス北西のジュラ州、仏との国境近く フランシュ=モンターニュ郡セーニュレジエに1997年創業 ビーエフエム醸造所 (BFM /Brasserie des Franches-Montagnes) より、創業20周年を記念して造られた "セゾン"BFM √400 Saison 20th Anniversary Special EditionⅠ-Grapes ビーエフエム・セゾン・ヴェンティ樽を入荷。ワイン用のブドウ3種(Syrah, Cornalin, Humagne Rouge) を使い、BFMのサワーエール"Bon-Chien"で使った木樽で熟成した独創的なセゾンで、色合いは黄橙色。マスカットやレモン,ハーブのような香り。すっきりとした飲み口には白ワインのような強めの酸味があり、リンゴのような甘みやブドウのような風合いもフワリと。爽やかな酸味でシャープに感じるボディ、苦みは僅かでフルーティな芳香が残ります。。15周年を記念して造られたセゾン √225 Saison(セゾン・クインディチ)にも白ワインのような酸味と仄かにリンゴやアプリコットのような風味が立ち上がりましたが、創業者のジェローム氏は樽熟成が多大な影響を及ぼすワイン学も学んでいるので、ワイン好きをも惹きこむセゾンかと。是非。
デンマーク,To Øl より、レモングラスを使った"ゴーゼ"樽!   (2018-01-14)
デンマーク,コペンハーゲンにて 2010年創業トゥ・オールより、シーソルトとレモングラスに、シトラホップを使った"ゴーゼ"To Øl Lemongrass Gose トゥオール・レモングラス・ゴーゼ樽を入荷。色合いは黄色、レモンやハーブのような清々しい香り。すっきりとした口当たりでグレープフルーツジュースを思わす 軽快なボディには、清らかな酸味と仄かな塩気。後口にはシトラス系の爽やかな苦みがあり、レモングラスの草っぽさも少し。ビールというより、フレッシュなグレープフルーツジュースのような。。ビアスタイルとなるゴーゼは、ドイツ中部ハルツ地方の小都市ゴスラーで生まれ、小麦麦芽50〜60%に コリアンダー等のハーブと塩を用い、エール酵母と共に乳酸菌を用いる乳酸菌並行発酵で醸造されるビール。ここ数年 アメリカのクラフトブルワリーで、果実やハーブなど様々な副原料と塩と乳酸発酵で造る 新たなゴーゼ がちょっとブームになっていて、軽やかな酸味や塩気を朴訥に感じるドイツのオリジナルのゴーゼとは少し別物ですが、バリエーションに富んでいます。1/16〜おススメFooDに蒸し牡蠣が登場。蒸し牡蠣に合わせて入荷した樽生です!
ベルギーより ちょっと珍しい ランビックを蒸留した "スピリッツ" を! (2018-01-08)
ベルギーの伝統的な自然発酵ビール"ランビック"。生産地域が限定されるのは、首都ブリュッセルの南西を流れるゼナ川の流域(パヨッテンラント)に棲む 野生酵母を取り込んでビールを発酵しているから。人為的に酵母を加えず、木樽による長期熟成を行うことで、ビールに独特な酸味や個性的な風味が生まれています。そんな手間暇がかかるランビック、熱烈なファンも多いビールですが、、今回は醸造所で仕入れた、伝統的なランビックを蒸留して造る"スピリッツ" 2種をご紹介。なかなか日本ではお目にかかれない品物ですので、ご興味がある方は是非お早めに。特にArmand' Spiritは数年前の限定品、個人的には飲んだことがない味わいでした。 *数量限定
Lindemans Premium Gin / alc 46度
ブリュッセルの西側 ブレゼンベークに在るランビック醸造所リンデマンスより、、リンデマンスが伝統製法で造るランビック・クリーク (チェリー入り /Lindemans Oude Kriek Cuvée René)に15種類のボタニカルを合わせて造るプレミアム・ジン。爽やかに薫るハーブ香。ジンらしく ジュニパーの風味もキレイに効いてます。
3 Fonteinen Armand' Spirit / alc 40度
ブリュッセルの南側 ベールセルに在るランビック醸造所&ブレンダ―のドゥリー・フォンティネン醸造所より、、2009年 ランビックの貯蔵室のサーモスタットが故障し 室温が60℃まで上昇、8万本のランビックがダメになってしまったという不慮の事態に。そのランビックを蒸留して造ったのが Armand' Spirit、1本(500ml)に対して8Lのランビックを使ったという 限定3000本のスピリッツ。ランビック好きなら頷く、ランビックを思わす香りがあり、深みを感じる口当たりです。
ページトップへ
★ 本日の樽生 "新着情報" をお届け!
★ Chef 's Twitter
本日の樽生
アクセス
★ スタッフのビール日記!jha blog
COOPER ALE'S
(クーパーエールズ)
東京都港区新橋3-16-3
烏森ビル 3F
月〜木 17:00〜01:00
金   17:00〜02:00
土   17:00〜23:30
日・祝日 17:00〜23:00

烏森口から左側に見える 吉野家さんのビル3F。
緑色のラクダの看板が目印です。
* 全席禁煙(喫煙スペース有)